酒粕で化粧水も作れちゃうの?

酒粕とスキンケア

 

酒粕パックはわかりますが、酒粕で化粧水も作れるんだそうですよ!

 

実際に自分で酒粕化粧水を使って、お肌の状態がよくなり、毎日を楽しんでいる愛用者さんの体験談を読むと

 

「私も作ってみたいな」と思いますよね。

 

 

市販の化粧品だと肌が荒れて…
市販の化粧品は添加物が…
毎日続けられるように化粧品は安くて優秀なものを…

 

 

というのなら、酒粕化粧水は良さそうですね。

 

スポンサードリンク

 


酒粕化粧水の作り方

酒粕パックと同じく、酒粕化粧水の材料もとてもシンプルです。

 

使うのは

  • 酒粕
  • 精製水
  • グリセリン

 

分量は、好みにもよるのですが、目安としては

 

  • 酒・・・20g
  • 精製水・・・180ml
  • グリセリン・・・小さじ1

 

作りながら調節してみてくださいね。

 

 

では作り方をご紹介します。

  1. 3つの材料を混ぜ、容器に入れる
  2. 一晩寝かせる
  3. 茶こしなどでこしてできあがり

 

 

簡単ですね~♪

 

こしたものはパックとしても使えるので、無駄がありません。

 

この方法だと、日持ちしないので、その日に作って使い切ったほうがよさそう。

 

その化粧水も、捨てるのがもったいないので、お風呂に入れてみましょう~。
もしかしたら肌がしっとりするかも(笑)?!

 

 

日持ちの良い化粧水を作るなら、酒粕をホワイトリカーなどで漬けてこした後、精製水で希釈して使う方法があります。
ホワイトリカーで漬けた酒粕液は、常温で1年ほど持つそうですよ。