体内酵素にはどんな種類があるんだろう

チェック

 

私達の体の中には、どんな種類の酵素が存在するのでしょうか。

 

 

私達の体内で作られる酵素のことを「体内酵素」と言います。

 

 

体内酵素の種類は1万3000種類ほどあると言われていて、もっと多い可能性があるというほど、完全にはわかっていません。

 

 

ですが、体内酵素は、

 

  • 消化酵素
  • 代謝酵素

 

と、2種類に大別されます。

 

 

1万以上種類があるのに、たった2つに分けるってちょっと乱暴かもしれませんね。

 

 

ですが、「消化」という作業一つにとっても、いろいろな種類の栄養素を分解したり合成したり、運んだり、それはもう細かな過程を踏んでいます。

 

その中で一つの酵素が一つの仕事をしているわけですから、想像以上にたくさんの種類の酵素が必要になっているんですね。

 

 

なので、ごくごく一般の私達が、「体内酵素ってなんだろう」って知りたいときは、この2つの種類を知るだけで十分だと思いますよ。

 

 

 

さて、消化酵素も代謝酵素も一度は聞いたことがあると思いますが、この記事では、この2つの酵素について、主な種類や働きについてそれぞれご紹介します。

 

 

消化も代謝も、私達の基本的な生命活動。

 

 

そして、消化酵素や代謝酵素の働きを知ると、もっともっと酵素を増やしたくなります!

 

 

ちょっとワクワクしてきました?

 

 

それでは消化酵素と代謝酵素について見てみましょう~♪

 

 

スポンサードリンク


消化酵素と代謝酵素

体内酵素は「消化酵素」と「代謝酵素」があると言いました。

 

時々、「潜在酵素」という言葉を聞くこともありますが、これは体内酵素と同意義で、消化酵素と代謝酵素のことと思っていいです。

 

 

さて、この消化酵素と代謝酵素は、体の各部に存在し、それぞれの活動を行っています。

 

 

 

消化酵素は食べ物を消化するときに働く酵素です。

 

私達は食べ物を食べると、まず口で細かく砕いて胃に送りますが、口から入った食べ物が胃を通って腸に行くまでのあいだに、分子レベルに分解されます。

 

これが「消化」ですが、各消化器官にそれぞれ酵素がいて、食べ物を分解していきます。

 

 

一方代謝酵素は、分解された栄養を取り入れ、細胞がエネルギーを作るのを助けたりする働きがあります。

 

私達は、歩いたり、話をしたり、考えたり、心臓を動かしたりしていますが、これをするのにエネルギーを消費します。

 

そのエネルギーは、代謝酵素抜きでは作れません。

 

 

 

消化酵素と代謝酵素についてざっと説明してみましたが、消化と代謝は生命維持に欠かせないということはもちろん、お互い関連しているところに「へぇ~」ってなりますね。

 

 

良く出来てるよ、人間の体ってホント(笑)

 

 

それでは次に、消化酵素と代謝酵素の働きや種類についてもう少し詳しく見てみましょう。

 

 

スポンサードリンク

消化酵素の働きと主な種類

消化酵素は食べ物を消化・吸収を助ける酵素で、食べ物を炭水化物、タンパク質、脂質に分解します。

 

 

どんなふうに消化するか、簡単に説明してみますね。

 

食べ物の炭水化物やタンパク質は、糖やアミノ酸が数珠のようにつながっています。
つながっている個数は糖やアミノ酸の種類によって変わってきますが、消化をするということは、酵素がこの「糸」を断ち切ることを言います。

 

 

脂肪は炭水化物やタンパク質と構造が違っていて、グリセロールに脂肪酸が留め金で止められたような状態でつながっています。

 

その「留め金」を外すのが消化酵素の役目、というわけ。

 

 

【タンパク質・炭水化物の消化(イメージ)】

 

タンパク質・炭水化物の消化イメージ

 

 

【脂肪の消化(イメージ)】

 

脂肪の消化イメージ

 

消化は口に入った食べ物はどんどん小さくなっていく、というイメージですが、ミクロの世界を覗くと、消化酵素はこんなふうにして栄養素をせっせと分解しているんですね~。

 

 

 

体の各消化器官

消化が始まるのは口で、終了するのは十二指腸(小腸)です。

 

つまり、私達の消化は

 

口(食べ物を噛み砕く)

食道(食べ物を胃に送る)

胃(胃液を食べ物と混ぜる)

膵臓(消化酵素を含む膵液を十二指腸に送る)

十二指腸(膵液と胆汁で食べ物の消化を終了させる)

 

 

と、いくつかの段階を踏んでいるというわけです。

 

当然、各消化器官にいる酵素は、それぞれ違った働きをしています!

 

 

それぞれの消化器官でどんな酵素が働いているのか。簡単に説明していきますね。

 

 

食べ物が口に入ると、私達はもぐもぐと、歯で食べ物を噛み砕いていきます。

 

これが消化の始まりです!

 

 

食べ物をかんでいくと、口の中にある「味蕾(みらい)」という味を感じる組織が刺激されて、唾液が出てきます。

 

 

この唾液には、「アミラーゼ」という消化酵素が含まれていて、糖質(デンプン)の分解を始めます。

 

 

アミラーゼは、食べ物が胃に送られて、胃液が出るまで食べ物を消化し続けます。

 

 

食べ物は口から食道を通って胃に送られます。

 

 

ある程度食べ物が胃にたまると、胃は胃液を出し始めますが、それまではアミラーゼが働いていて、デンプンの約半分を分解します。

 

 

胃液は、塩酸、ペプシノーゲン、粘膜などから構成されていますが、ペプシノーゲンに塩酸が働きかけることで、「ペプシン」という消化酵素が生まれます。

 

 

ペプシンは、タンパク質を分解し始めます。

 

 

小腸+膵臓

食べ物は胃から十二指腸に送られますが、食べ物に刺激されて十二指腸からホルモンが分泌されます。

 

 

このホルモンは
膵臓から消化酵素「リパーゼ」を含む膵液を
胆嚢からは胆汁(消化酵素は含まれない)を

 

それぞれ分泌させるスイッチの役割を果たしています。

 

 

胆汁は、脂質を消化液になじませる働きがあり、この働きで脂質は分解されます。

 

 

糖質やタンパク質も、十二指腸で更に分解されていきます。

 

 

ちなみにここで糖質を分解するのは「アミロプシン」などの消化酵素で、タンパク質を分解するのは「トリプシン」などです。

 

 

分子レベルに分解された食べ物は回腸に送られ、栄養吸収細胞から吸収されていきます。

 

 

本当はもっといろいろな酵素が細かく作業を分担して、炭水化物、タンパク質、脂質を分解していきます。

 

 

おもな消化酵素

1.炭水化物を分解

  • アミラーゼ
  • サッカラーゼ
  • マルターゼ
  • ラクターゼ

 

2.タンパク質を分解

  • ペプシン
  • レンネット

 

4.脂質を分解

  • リパーゼ

 

 

消化によって食べ物は、グルコース、フルクトース、ガラクトース、アミノ酸、といった栄養素に分解されていきますが、これらの栄養素を利用して代謝を行う手助けをしているのが代謝酵素、ということになります。

 

 

スポンサードリンク

代謝酵素の働きと主な種類

消化酵素によって分解された栄養素は、腸から吸収されて、肝臓に運ばれて、そこから体の各部に送られます。

 

 

代謝酵素は消化酵素で作られた栄養素を細胞に取り込み、エネルギーを得て生命活動をする源を作ります。
たどえば、代謝酵素はブドウ糖をエネルギーに変えたり、髪の毛や皮膚、免疫などに必要なタンパク質を合成したり、といったような。

 

 

代謝酵素の働きはとてもたくさんありますが、その中でも興味のあるものを3つご紹介しますね。

 

 

新陳代謝

私達の体の細胞は、定期的に入れ替わっています。

 

この細胞の入れ替わりのことを「新陳代謝」といいます。

 

  • 胃腸の細胞・・・約5日周期
  • 心臓の細胞・・・約22日周期
  • 肌の細胞・・・約28日周期
  • 筋肉や肝臓などの細胞・・・約2ヶ月間周期
  • 骨の細胞・・・約3ヶ月周期

参照:ウィキペディア

 

というふうに、体の各部で入れ替わり周期は変わってきますが、通常3ヶ月で体の全細胞の入れ替わりが行われます。

 

 

細胞の入れ替わりは、細胞分裂を繰り返していくわけですが、このときに代謝酵素がそれぞれの働きを通して新陳代謝をすすめていくんですね。

 

 

美容や健康に興味があるなら一度は聞いたことがある名前で、新陳代謝が活発になることはいいこと、と、思いますよね?

 

 

でも、美容や健康それ以前に、新陳代謝は生命維持に欠かせないものなんですね~。

 

 

エネルギーの生産

私達はなにか行動したり考えたりする時エネルギーを利用しています。

 

そのエネルギーの生産に関わっているのが代謝酵素。

 

 

炭水化物は小腸でブドウ糖にまで分解されて吸収されます。

 

 

ブドウ糖はまずグリコーゲンとして肝臓に蓄えられますが、エネルギーとして細胞に送られるには、 グルコースという物質にする必要があります。

 

 

この作業をするのが、肝臓にいる代謝酵素たちなのです。

 

 

肝臓にいる代謝酵素

  • グリコーゲンシンターゼ
  • グリコーゲンホスホリターゼ

 

などが、ブドウ糖をグリコーゲンをグルコースに変化させたりと、それぞれの作業を分担して行っていきます。

 

さらに細胞がエネルギーとして活用されるには、いくつかの段階を踏んでいくのですが、グリコーゲンは酵素の働きでピルビン酸となり、さらに酵素の働きでアセチルCoAという物質になります。

 

代謝酵素の働き1

 

 

 

その後TCA回路にアセチルCoAが入ります。

 

TCA回路でアセチルCoAは有機酸と結合、クエン酸を作り出します。

 

クエン酸は呼吸によって得られた酸素と反応し、水とともにエネルギーを発生させます。

 

代謝酵素の働き2

 

 

 

エネルギーを作るだけでもこれだけの段階と酵素が必要になってくるんですね~。

 

 

無数の酵素が存在するのもうなずけます。

 

 

このどれか一つでも欠けると、エネルギーの生産が阻まれることになるとか。

 

生命の力強い神秘さを感じます!

 

 

活性酸素の除去

活性酸素は、体内にできる、酸素の燃えカスのことです。

 

 

TCA回路で酸素が燃やされ、そのときにスーパーオキシドという活性酸素が発生します。

 

 

よく、紫外線を浴びると活性酸素が増えると言われていますが、この時の活性酸素はスーパーオキシドではなく一重項酸素という活性酸素です。

 

 

こんなふうに、一口で言っても活性酸素には種類があって、その数は200種類とも言われています。

 

 

活性酸素は細胞を酸化させ、細胞自体を傷つけます。

 

 

体は自分自身を守るために、傷ついた細胞を修復したり、活性酸素を除去したりします。

 

活性酸素の処理は、抗酸化物質の役目ですが、酵素もそのひとつなのです。

 

 

活性酵素から体を守る働きをする酵素は

  • スーパーオキシドディスムターゼ
  • グルタチオンペルオキシダーゼ

など。

 

 

抗酸化物質というと、○○を食べるという事が言われていますが、体内の酵素もそれに大きく影響しているんですね~♪

 

 

スポンサードリンク

まとめ

体内酵素を消化酵素と代謝酵素に分けて、それぞれの働きや主な種類を見てきました。

 

 

ちょっと見ただけでも、消化や代謝はたくさんの過程を踏みますし、いろいろな酵素が消化や代謝に関わっていることがわかりましたね。

 

 

普通に暮らしていたら当たり前のことができるのも、体内酵素なのですが、こうやって見ると、本当に大事な存在なんだな~、と改めて感心してしまいます。

 

 

 

食べ物を食べたり、呼吸をしたりする時、「あ、酵素頑張ってる♪」ってこれから思わずにはいられませんね(笑)