ドタキャンされた時

 

通販で、「お試し」とあると、ついつい試してみようかな、って気になりますよね。

 

でも、よくよく見てみると、単なるおためしではなく「お試しから始まる定期購入」だったりします。

 

初月はお試しで、その後連絡しなければ自動的に定期購入になるというもの。

 

でも、それでも気に入らなければ断ればいいし、お試し価格は安いから試しに注文してみようかな、って気になりますよね。

 

ところが最近通販の「お試し」で、トラブルが急増しているというのです。

 

一体どんなトラブルに発展するのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 


お試しのはずなのに解約できない!

すべてのサービスに当てはまるわけではありませんが、販売側が設定しているルールによって、トラブルに発展しやすい場合があるようです。

 

お試しで注文したら、そのまま定期購入になっていて、電話をかけても「解約できない」と言われてしまう。

 

こういう場合

  • 初月実質0円(送料のみかかる)
  • 初月◯%オフ

 

と、かなり低額になってることが多いようです。

 

お試しのつもりが、定期購入の申込みだった、とびっくりする人が消費者センターに駆け込むように、ホームページには、一見定期購入の申込みとはわからないようになっているようですね。

 

  • 今回のおためし購入のその後や条件などが、とても小さく書かれている
  • 契約内容が他のページに書かれていてわかりづらい
  • 体に合わなくて解約を申し出たら、最低継続期間中だからと言われる
  • 業者の電話がつながらない

 

といったことトラブルに巻き込まれているケースが目立ちます。

 

スポンサードリンク

 

通販にはクーリングオフ制度がない?!

私もびっくりしたのですが、通信販売にはクーリングオフ制度がないんだそうです。
というのも、通販の場合、購入者は自分の意志で商品を吟味し、欲しい物を選択、そして購入するからです。

 

それと特定商法取引法もありますしね。

 

 

安いからと言って安易に購入しないのが1番ですね。

 

でも、だからといって契約が成立しているので絶対お金を払う必要があるかというとそうではありません。

 

ホームページ内に契約内容が書かれていなかったり、書かれていても非常にわかりづらいものであれば、業者側と公称も可能なので、トラブルに巻き込まれたら消費者センターなど、第三者に相談して冷静に対応するようにしましょう。

 

万が一のことを考えて

  • 購入前に契約内容をよく確認する
  • 注文画面の内容をスクリーンショットなどで記録する

 

といったことをしておくといいと思います。

 

クーリングオフ制度の代わりに、返金制度を設けている販売者も多くありますので、少なくとも返金制度が利用できるショップを選ぶようにしましょう。
その際は、ショップが設定している返金制度の条件やルールを良く読み、利用を検討することをおすすめします。