佐藤世莉ってどんな人?

佐藤世莉のプロフィール

 

「このサイト運営している人って一体誰だろう…」
もしかして、怖いもの見たさでこのページを訪れたのではありませんか?!

 

それか「佐藤世莉さんてどんな人だろう、興味あるなぁ」と言う好奇心から?

 

 

理由は何であれ、このページに訪れてくださって、ありがとうございます!当サイト「サトセリ本舗」の運営者、佐藤世莉です。

 

見かけはどこにでも居る、フツーのおばさん、人並み外れた特技や才能があるわけでもないので、特別自己紹介というのもなんですが。

  • 子供の頃から活字に親しんでいた
  • 20代後半でイギリスに渡った
  • 現在は子育ての傍ら在宅の仕事をしている
  • 空いた時間を利用してサスペンスドラマや事件簿系の番組を見ている

 

という特徴から「私ってこんな人」について書いてみたいと思います。


子供の頃から活字中毒

文章を書くことも読むことも両方好きです!早い段階で興味を持ったのは文章を書くことでした。幼稚園の年長組の時、初めて日記を書きました。母が買ってくれた、赤い絵日記帳。文字と絵を書くことに夢中になり、すべてのページ埋め尽くしましたよ。小学校にあがってから青い日記帳を買ってもらい、それも最後のページまで書きました。

 

小学校では文章を書く機会が多く、紙芝居や小説、読書感想文など、「書きたい!」気持ちをそのまま文章に乗せて、とにかく書きまくりました。小学校中学年の時に絵本クラブに所属し、絵本作りにも夢中になりました。絵日記の時もそうですが、自分が書いたものを親に見せて、褒めてもらうことが何より嬉しく、それが次の作品を書く意欲につながっていたのかもしれません。私が書いたものは先生にも評価されるようになり、「書く」という楽しいことが得意なことに変わったのもこの頃です。

 

小学校の頃はとてもシャイで友達付き合いが苦手だったこともあり、友達と遊ぶ代わりに図書館に通って本を読むようになりました。活字を読む楽しさに目覚め、暇さえあれば読書。読書量は学校の図書館に所蔵してある本すべて読破する勢い、特に偉人の伝記や明智小五郎シリーズに夢中になりました。

20代後半で渡英、大学留学

高校、ビジネス系の専門学校と進学し、卒業後は就職して社会人の1歩を踏み出しました。はい、まったく普通の人生コースです。実は専門学校時代に、イギリスで英語を学びたいという気持ちが、心の中にぽっと芽生えました。時間とともにその気持が大きくなり、社会人として数年経過した頃には、抑えきれないほど強烈なものに成長しました。年齢や自分の英語力、経済的なことを考えると、諦めたほうがいいと言う判断の方が賢明に思え、断念しようとしたのですが、絶望感からくる大きなストレスが引き金となり、摂食障害に陥ってしまいました。

 

20代後半に差し掛かり、摂食障害は相変わらず、このまま三十路まっしぐらという時、少しずつですが、人生が好転し始めました。「留学できるかも」と手応えを感じた途端、あれよあれよと言う間にイギリスの大学に留学が決まったのです!出口が全く見えない状態が何年も続いたけれど、目処が立ち始めるとあっという間ですね。本当に不思議ですが、渡英が実現しました。

 

大学と大学院の6年間はとにかく楽しかった。言葉の壁は常に感じていましたが、本を読んで文章を書くことが好き、という才能(?)に助けられました。自分は哲学や理論が大大大好きということに気づいたのも大学時代です。
自分の好きな分野を貪欲に学ぶことが、こんなにも幸せなことかと、身を持って体験しました。自分の心を信じてイギリスに渡って本当に良かったです。

子育と在宅の仕事を両立

現地のイギリス人と知り合い結婚、4人の子供に恵まれました。うちの子、みんな個性があって面白いです。子どもたちから学ぶこともたくさんあり、それが人生の肥やしになっています。

 

私の人生の中心は4人の子どもたちですが、それと並行してWebライターとして活動しています。書くことが仕事になっていることに、何か運命みたいなものを感じます。主に日本語で記事を書いていますが、せっかくだからと英語を使った記事も時々執筆していますよ。

 

書くことだけでは飽き足らず、翻訳もできないかと、翻訳について只今勉強中です。基礎講座を修了し、今は医療実務の分野を学んでいます。
記事の執筆をしていると、必ず必要になってくるのが校正と推敲のスキル。今の所経験を積みながらスキルを上げているという状態ですが、時間が空いたら校正についても学んでみようと考えています。

サスペンスドラマや事件簿系の番組大好き!

海外ドラマ『クリミナルマインド』に、専門サイトを運営するほど、どハマリしてしまいました!そもそもライターの仕事を始めたきっかけは、ドラマについて良質の記事を書きたいという思いからでした。次にハマったのがイギリスのドラマ『シャーロック』。こっちもサイトを立ち上げて超マイペースで更新しています。

 

ドラマよりも、実際に起きた事件について解説する、ドキュメンタリー系の番組が好きです。プロファイリング系では『FBI File』『Body of Evidence』、プロファイラーではありませんが、邪悪さについて独自の尺度を確立させた、ストーン博士の『Most evil』も好きです。CSI系の番組もよく観ます。科学技術がどうやって難解な事件を解決に導くかがよく分かる『Medical Detective』や『Forensic Detectives』が好みです。その他にもいろいろと好んで観ている番組があるのですが、マニアックすぎるのでここまでにしておきますね。もし「私もマニアック!」というのなら、ご一報ください。とことん語り合いましょう~♪

 

なぜそこまで殺人事件に興味を示すのかと、よく聞かれるのですが、決してシリアルキラーに憧れているわけではありません。むしろその逆。同じ人間なのにどうしてこんな残酷な行動ができるのか、その理由が知りたいからです。プロファイラーは、犯罪者の行動に対して、一つの解釈を示してくれるから好きなんだと思います。CSI系は、科学技術の力で、悪人を特定するから好きなんです。

 

 

以上が私のプロフィールになりますが、「ああ、こういう人か」というのがわかっていただけたら幸いです。
記事に関する質問や感想、記事執筆依頼の相談などありましたら、下のフォームから気軽に投稿してくださいね(人生相談だってOKですよ!)。

 

それではこのサイトともども、佐藤世莉をよろしくお願いします!